【くらしの大学WEBセミナー】アニメで学ぶ漢字の魅力「あめかちゃんとまほうのかんむり」~おウチ時間を楽しもう♪~

漢字のキャラクター「あめかちゃん」が登場するアニメを通して、学ぶ楽しさを体験。身近に使用される漢字の奥深さを知ることで、日常的に探究学習する姿勢を育みます。ぜひ親子でご視聴いただき、漢字を通してご家庭内で能動的に学ぶ楽しさを体験してください。

イメージ

開催日時

内容

子ども達に大人気の漢字ワークショップ、動画で初公開!

(株)コトバノミカタのデザイナー本下瑞穂と武庫川女子大学日本語日本文学科設樂研究室が開発した、漢字の部首をキャラクターとした教育コンテンツ「かんむりひめのあめかちゃん」。魅力的なキャラクターとそのストーリーを通し、学習指導要領に収まらない漢字文化の多様性と、身の回りにある漢字の発見を促し、子ども達が能動的に漢字力を高めることを目指しています。

2020年度に小学校6年間で習う教育漢字は1026文字に増えました。しかし日本の子ども達の約半数は漢字が苦手と言われています。ドリルをひたすら書き写す反復作業中心の漢字学習法を、多くの子どもがつまらないと感じていることが要因の一つかもしれません。

実際のワークショップでは、ご参加いただいた保護者の方々からは「一緒に参加した自分が、とても勉強になった」「子どもが帰宅後、自分から漢字を書き始め、驚いた」「新聞を広げると、子どもが『かんむり』のついた漢字を探すようになった」等のコメントをいただいております。

ぜひ親子で動画をご視聴いただき、漢字を通してご家庭内で能動的に学ぶ楽しさを育んでください。

対象者

参加費

定員

場所

主催

共催

協賛

申込期間

視聴期間

2020年6月30日(火曜日)~2020年8月31日(月曜日)

セミナー形式

オンライン講座
<視聴時間> 約20分

講師

本下瑞穂(株)コトバノミカタ代表取締役・デザイナー

プロフィール

マンガやゲーム、ダンスや歌などを取り入れた「見て」楽しむ教育で、子ども達の「伝える力」を育む活動を行う。自身がデザインした「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」、「小論文が、よく書ける原稿用紙。」は通販サイトAmazonの原稿用紙カテゴリーベストセラー1位を獲得。そのユニークな教育活動は多くのメディアでも取り上げられている。経済産業省女性起業家応援プロジェクト第5回LED関西ファイナリスト。
コトバノミカタ ホームページはこちら

セミナーダイジェスト

注意事項

■動画をご覧頂くにはお申込みが必要です。下の「お申込みボタン」よりお申込みください。メールにて動画のURLをお送りいたします。
■動画の閲覧期限は8月31日17時00分までとなりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

イメージ

イメージ

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。