認知症に役立つハンドマッサージ体験講座

家族が認知症になった時、認知症になった家族はどう支えればいいのか、どう対処していいのか戸惑います。認知症の介護で難しいのが認知症の方との接し方です。認知症の本人はどんな気持ちでいるのか、家族や介護する人はどのように支えればよいのかがわからない方がたくさんおられます。接し方のコツがわかれば、患者家族も認知症患者さんも毎日、穏やかに過ごせます。認知症とはどういうものかのお話と、接し方のコツや患者さんの気持ちを落ち着けるケア方法のハンドマッサージを体験していただきます。触れることは手の温かさだけでなく、お互いの気持ちが伝わります。毎日5分間のハンドマッサージで認知症患者さんも落ち着いてご家族も楽になります。

イメージ

開催日時

2019年11月15日(金曜日) 15時00分~17時00分

受付日時

2019年11月15日(金曜日) 14時30分~14時55分

内容

1.認知症とは(原因、症状、4つのタイプ)のお話 
2.認知症患者さんへの話しかけ方など、関わり方のコツ 
3.言葉がなくても気持ちが通い合う「触れること」の効果 
4.マシュマロタッチ(実践編)

講師

見谷 貴代(看護師、アイグレー合同会社副代表)

プロフィール

教えるスクール講師として300名以上のアロマセラピストを育成した経験を持っている。活動中に末期がんの母を看取った経験からタッチング技術を開発した鍼灸師と出会い、患者専用のケア技術 「マシュマロ・タッチ®」の開発に携わる。2013年に神戸大学に入学して看護学を学び、2017年に看護師資格を取得。在学中にマシュマシュマロ・タッチ®のハンドマッサージの効果を科学的に検証し、2018年12月に日本看護技術学会より論文発表している。現在、マシュマロ・タッチ®を指導するスクールを運営し、タッチングの専門家を育成。触れ合いの大切さを啓蒙している。

対象者

どなたでもOK

参加費

1,500円

定員

22名

場所

パナソニックセンター大阪1階セミナールーム

主催

共催

協賛

申込期間

予約方法

事前予約制
※お申込み受付期間は1ヶ月前の10時00分から、開催日前日の17時00分までとなります。
※無断キャンセルの場合は、次回のご予約をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承下さい。
※定員になり次第、お申し込み受付を締め切らせていただきます。
※イベント内容は予告なく変更する場合があります。
※ワークショップにおける作品の仕様や内容などは、予告なく変更する場合があります。
※15分以上遅刻されるとワークショップに参加していただけませんので、予めご了承下さい。
※勧誘行為をした場合は、以降ワークショップにご参加いただけない場合がございますので、ご注意ください。

注意事項

お問い合わせ先

イメージ

イメージ

お申込の受付開始期間前でございます。
恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。