社会課題解決にむけて、小さな1歩を踏み出すイベント「あるままフェス」を12月に開催

パナソニックセンター大阪1Fに2021年4月3日にオープンした「あるまま」では、これまでいろいろな社会課題と向き合い、アクションを応援してきました。 SDGsはもちろん、さまざまな社会課題に気軽に、そして楽しく触れ、参加できるイベントを開催します。

イベント概要

名称:「あるままフェス」(※1)
日時: 2021年12月1日(水)~12日(日)
場所: パナソニックセンター大阪1階・2階
開催協力: ソーシャルアクションカンパニー株式会社
実行委員協力団体: 大阪市立大学、武庫川女子大学、箕面市国際交流協会 ほか

「あるままフェス」とは

あるままフェスは、「楽しい!」をエンジンに、ソーシャルアクションを促進し、SDGsの達成やさまざまな社会課題の解決につなげることを目指す、一種の学園祭です。

<コンテンツ>
映画・トークイベント・ワークショップ等、楽しみながら社会課題に関する理解を深められるさまざまな催しを開催します。
<マーケット>
小物雑貨や食品など、さまざまな魅力的でエシカルな商品を販売します。(※2) 商品の購入を通じた社会課題解決への貢献、「未来への投票」を意識するきっかけづくりを目指します。

「あるままコイン」について

あるままフェスでは、イベント内限定の独自通貨「あるままコイン」を導入します。現金をコインに交換してマーケットで商品を購入、指定コンテンツに参加すればコインが付与されたりします。さらに、今回は、個人の社会貢献活動に独自のコインを付与し社会貢献度を可視化するサービス「actcoin(アクトコイン)」と連携し、actcoinの保有数に応じて、あるままコインを追加で獲得できるという特典も用意します。(※3) actcoinを、実際の寄付や消費につなげることができる初めてのイベントです。

(※1) 「あるままフェス」は、パナソニックセンター大阪の全館イベント、「発見!体験!学び!創造!がつまった感謝の1か月」企画(12/1~12/31)の前半期間のイベントとして開催。
(※2)協力団体による出店ブースを設置予定。
(※3) actcoin(アクトコイン)は、ソーシャルアクションカンパニー株式会社が運営するサービスです。




大学生との連携

イベントの企画には、個性豊かな合計10名の大学生(外国人留学生2名含む)が、実行委員会メンバーとして、参画します。次世代を担う若者たちの視点やアイディアを積極的に取り入れ、より未来志向でエネルギッシュなイベントを目指します。

「あるまま」について

パナソニックセンター大阪1Fに今年4月にオープンした「あるままBASE」・「あるままOYAKO」は、様々な社会課題を知り、向き合い、「もっとこんな社会にしたい」という想いやアクションを応援し、SDGsの達成や他のさまざまな社会課題を解決することで、よりよい社会を実現していくことを目指しています。




関連情報

あるままBASE
あるままOYAKO
actcoin(アクトコイン)

プレスリリース

PRでっせ