【あるままフェス】マザーハウス 途上国から世界に通用するブランドをつくる対立する既存のものから、これまでにない新たな概念を生み出していく

    来年閉館するパナソニックセンター大阪では、これまでの感謝を込めた全館イベント、「発見!体験!学び!創造!がつまった感謝の1か月」を開催します。
    【あるままフェス】~アナタの「楽しい!」が、誰かの「ハッピー」に、地球の「未来」に、つながる日。~
    期間中に開催される、「あるままフェス」(12/1~12/12)は、「楽しい!」をエンジンにソーシャルアクションを促進し、SDGsの達成やさまざまな社会課題の解決につなげることを目指すイベントです。

    「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、バッグやジュエリー等を6か国で生産し、5か国約40店舗で販売するマザーハウス。2006年、バングラデシュの提携工場でわずか160個のバッグをつくることからスタートし、途上国・異文化の中に新しい組織を創り上げてきた。2021年2月にはコロナ渦で新しく食の事業も開始。途上国×日本、グローバル×ローカル、店舗×工場、スタッフ×お客様、様々な視点でそこにある課題を商品を通して伝える、マザーハウスの今を知り、各々が主観で物事を見れるものがなんなのかを考えるきっかけにします。

    こちらオンラインでもご参加が可能となりますので、オンラインでの参加ご希望の方は下記のリンクよりお申し込みをお願い致します。

    ⇒オンラインLIVEのお申し込みはコチラ

    生産国のみんな

    生産国の方々です

    講師:森 涼湖

    講師:森 涼湖

    開催日時

    2021年12月5日(日曜日) 11時30分~12時30分

    内容

    2021年2月にはコロナ渦で新しく食の事業も開始。途上国×日本、グローバル×ローカル、店舗×工場、スタッフ×お客様、様々な視点でそこにある課題を商品を通して伝える、マザーハウスの今を知り、各々が主観で物事を見れるものがなんなのかを考えるきっかけにします。

    こちらオンラインでもご参加が可能となりますので、オンラインでの参加ご希望の方は下記のリンクよりお申し込みをお願い致します。

    ⇒オンラインLIVEのお申し込みはコチラ

    講師

    株式会社マザーハウス エリアマネージャー 森涼湖 氏

    講師プロフィール

    学生時代、国連学生ボランティアとしてキルギス共和国に半年間在住。大学卒業後studio-Lにて住み込みでまちづくりインターンに従事。その後肌着メーカーに就職し、百貨店営業を経験した後、マザーハウスに転職。店長経験を経て、現在エリアマネージャーとして関西8店舗を統括している。

    対象者

    18歳以上の方
    ※小さなお子様連れでのご参加はご遠慮いただいております

    参加費

    無料

    定員

    10名

    場所

    パナソニックセンター大阪1階 あるままBASE

    主催

    共催

    協賛

    申込期間

    予約方法

    事前予約制
    ※お申込み受付期間は開催1カ月前の10時00分から開催日前々日の17時00分までとなります。
    ※無断キャンセルの場合は、次回のご予約をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
    ※定員になり次第、お申込み受付を締め切らせていただきます。

    注意事項

    ※イベント内容は予告なく変更する場合があります。
    ※ワークショップにおける作品の仕様や内容などは、予告なく変更する場合があります。
    ※15分以上遅刻されるとセミナーに参加していただけませんので、予めご了承下さい。
    ※勧誘行為をした場合は、以降セミナーにご参加いただけない場合がございますので、ご注意ください。
    ※新型コロナウイルスの感染拡大により中止となる場合がございますので予めご了承の程宜しくお願い致します。その場合、お申込み頂きました方には事前にメールにてご連絡を致しますのでお申込み時にメールアドレスの打ち間違いなどご注意下さい。
    ※体調不良の方のご参加はご遠慮願います。
    ※受付時に検温と問診票への記入をお願いいたします。

    お問い合わせ先

    講師:森 涼湖

    講師:森 涼湖

    お申込の受付開始期間前でございます。
    恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。